CAD/CAMジルコニア
インプラント
オールセラミック
AGC
メタルセラミック
アタッチメント
デンジャーシステム
キャストプレート
海外研修レポート





AGCを用いたインプラントブリッジの臨床ケース

上顎2〜3をITIインプラントを用いて修復。

アングルアバットメントを選択し、AGCキャップを製作。

メタルフレーム製作後、口腔内試適。

試適終了後、ケラデックを用いてシンタリングを行う。

AGCゴールドボンダーを塗布し、焼成ポーセレンを築盛し完成。

インプラントアバットメントのポジショニングのため、ジグを製作。




Dr. Gen Hoshino
Copyright(C) 2005 Jiyudori Dental Laboratory Co., Ltd. All rights reserved.