CAD/CAMジルコニア
インプラント
オールセラミック
AGC
メタルセラミック
アタッチメント
デンジャーシステム
キャストプレート
海外研修レポート


2008年4月3日〜4月7日、大信シンガポールツアーおよびIDEM Singapore国際デンタル・エキシビジョンに参加してきました。




今回の参加メンバー【一部】です。ゼノテックシステムユーザーを対象にミリングセンターの見学や、経営的な情報、将来的な臨床情報を得ることが出来ました。
講義は、スイスUBS銀行のディレクター島藤氏、姉小路氏の「世界から見た日本の経済状況」。Mr,Dirk Jahn「CAD/CAMカスタムアバットメントについて」。中島康先生「治療計画から最終補綴までの歯科技工所の係わり」など貴重な講義でした。





ZENOミリングセンターの見学。
左はZENO Premium4820で一台5000万円以上するミリングマシーン。右はZENO Fireで削り出されたフレームを焼結させるフレーム専用ファーネス




ミリングマシーンではジルコニアはもちろん、 チタン合金、バイオコバルト、PMMA(硬質レジン)などさまざまなマテリアルを削り出していました。




大信貿易主催の懇親会。いろいろ企画していただいて楽しい時間を過ごす事が出来ました。飯島俊一先生、中島康先生との3ショット。





IDEM(国際デンタル・エキシビジョン)はケルンメッセがアセアン諸国とオーストラリアの市場を視野に入れてシンガポールで2年毎に開催するアジアで最重要な専門見本市だそうです。
35カ国350社の出展。
 
会場はIDS(ドイツ国際デンタルショー)に比べ規模も小さく、閑散としていました。中央付近には国内、外の有名メーカーがそして左右にアジアのメーカーが国別に展示していました。
アジアメーカーは最新の機器ではなく、類似製品などの展示が目立ちました。





ストローマン社ブース。まもなく日本でも発売されるボーンレベルインプラントを中心に展示されていました。
最終日、お約束のマーライオン観光。もちろんお土産もマーライオンでした。



Copyright(C) 2005 Jiyudori Dental Laboratory Co., Ltd. All rights reserved.